ダイエット

豊胸手術の流れ

自分で希望して行う豊胸手術でも不安はつきまとうものです。
不安を少しでも解消し、また納得のいく豊胸手術をするためにも、知識は多い方がいいですよね。
その一つとして、豊胸手術の流れを把握しておくことも必要です。

豊胸手術の流れは、手術の内容や方法、クリニックや病院によっても異なる展はありますが基本的には次のような流れで行われます。
最初に行われるのはカウンセリングです。
ここで豊胸手術についての説明や自分の要望、悩みなどを医師と話し合い、どのような方法で手術をしていくかを決めて行きます。

手術のメリットだけではなく、デメリットや注意点などもきちんと聞いておきましょう。
価格に対することやもし理想通りにならなかった場合などはどうするのか、といったことも確認しておくことが大切です。
手術の方法や内容が決定し、納得がいったら手術日を決めて手術になります。

当日は麻酔をし、バストのデザイン、麻酔、切開、バッグを挿入する空間を作りバッグの挿入、縫合、圧迫固定と言う流れで手術が行われます。
手術後は約2時間程度休憩して自宅に帰ることができます。
ほとんど日帰りで行われます。

その後は3~4日後に通院し、固定を外します。
1週間~10日後に抜糸、マッサージを行います。
マッサージは自分で行っていくものなので、しっかり指導してもらいましょう。

豊胸手術にはそれなりの金額がかかりますので、誰もができるわけではないですよね。
お金をかけずにマッサージなどでバストアップに成功している人もたくさんいます。
毎日継続してバストアップマッサージを行うことが大切ですので、三日坊主にならないで長期的にバストアップマッサージを行ってみましょう。

このページの先頭へ