ダイエット

女性ホルモンがバストアップに関係している?

バストアップに欠かせないのは女性ホルモンです。
特に女性ホルモンのエストロゲンはバストアップに大きく影響します。
バストアップには大胸筋を鍛えることも大事ですが、乳腺を発達させることが大切なのです。

バストの内部は9割が脂肪で1割は乳腺と言われていますが、乳腺の数が増えることで、その周りの脂肪が乳腺を守るように増えていくのです。
この乳腺はコラーゲンの束でできていて、エストロゲンは乳腺の発達を支配しているのです。
エストロゲンの分泌が低下すると、乳腺の発達も促されないということ。

反対にエストロゲンの分泌が高まると、乳腺はその影響で発達するのです。
女性ホルモンのエストロゲンを分泌させるには、サプリメントやホルモン療法などといった方法もありますが、まずは生活環境の見直しが必要です。
サプリメントを服用しても、女性ホルモンの分泌を妨げる生活をしていては、サプリメントの効果がありませんからね。
大切なのは、規則正しい生活をすること、栄養バランスの取れた食事をすること、睡眠をしっかり取ること、適度に運動をすること、またストレスを溜めないことが重要です。
さらに、恋愛をして、女性らしくなることも女性ホルモンを分泌させるにはとても効果的です。

このページの先頭へ