ダイエット

バストアップサプリメントのデメリット

飲むだけでバストアップができるバストアップサプリメント。
女性にとってはうれしいものです。
そういったバストアップサプリメントは、女性ホルモンの分泌を促す働きをするものがほとんどです。

女性ホルモンを過剰に摂取すると、女性特有の疾患になりやすいと言われています。
バストアップサプリメントはエストロゲンと似た働きをする成分や、エストロゲンの作用を高める働きをする成分が凝縮されて配合されています。
それを服用し続けると、女性ホルモンのバランスが崩れ、乳がんや子宮がんなどを発症しやすくなる、と言われています。

大豆などの食物からエストロゲンと似た作用のあるイソフラボンを摂取するのは問題ないのですが、サプリメントのように有効成分が凝縮されたものを日常的に摂り続けると、本来の女性ホルモンのバランスを崩すことになり、女性の体に悪影響が出ることがあるのです。
女性の体はデリケートです。
特に女性ホルモンの影響は大きいもの。

むやみに増やしたりするのは体によくないことなのかもしれません。
もちろん、適量を服用する分には、問題が起こることはほとんどないでしょう。
しかし、女性ホルモンが十分に足りているところに、さらに女性ホルモンのような成分を摂取するのは注意した方がいいかもしれません。
サプリメントを服用し始めて、体に変調があった場合はすぐに摂取をやめて、病院に行って診てもらいましょう。

このページの先頭へ