ダイエット

バストアップのメカニズム

バストアップする方法として、エクササイズやマッサージ、バストアップに効果的と言われる食べ物などがありますが、それらはどのように影響してバストアップにつながるのでしょう?
バストの大きさは乳腺の量によって左右されます。
乳腺の量が増えるとその分、脂肪がその周りを守るように増えていくのです。

バストアップをするには、乳腺の量を増やせばいいというのは、そういったメカニズムがあるからです。
また、乳腺の量は女性ホルモンに関係しています。
女性ホルモンが増えると、乳腺が発達します。

バストアップのためには、女性ホルモンの分泌が必要なのです。
そこで女性ホルモンの分泌を促す食べ物を食べたり、女性ホルモンの分泌を妨げる睡眠不足やストレス、偏食といったことは控える必要があるのです。
乳腺を支えているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯が切れたえり衰えることで、バストは下垂します。
クーパー靭帯を守るためにも、バストを守るブラジャーの着用は大事です。
さらに乳腺やクーパー靭帯を支えている土台となっているのが、大胸筋です。
大胸筋が衰えると、バストを支えられなくなり下垂したり、形が崩れてしまいます。
それを防ぐために大胸筋を鍛えるエクササイズやトレーニングが必要になってくるのです。

このページの先頭へ