ダイエット

バストアップさせるブラジャーのつけ方

ブラジャーをどうつけているかによって、バストの大きさや形が変わってきます。
ブラジャーのつけ方が悪いと、バストアップどころかバストの形を崩してしまうことにもつながります。
きちんとブラジャーをつけることで、バストアップにつながりますから、毎日ブラジャーをつける時にはていねいにつけるようにしましょう。

まずブラジャーのストラップを肩にかけ、体を前傾させてバストをカップの中に入れ、ホックをとめます。
前傾姿勢のまま、カップの中にバストを丸くなるように入れます。
カップにバストの周りのお肉も入れるつもりで、真ん中に寄せるように入れましょう。

体を起こしてストラップを調整します。
ストラップが食い込んでいたり、ゆるかったりしたら調整します。
アンダーバストがキツかったらそれも調整します。

体に無理がなく、快適につけられていればそれでOKです。
ブラジャーをきちんとつけられていれば、それだけでも胸の谷間ができたり、バストアップにつながります。
反対に、バストがつぶれていたり、脇肉がはみ出ているとバストの形が崩れてしまいます。
そのためにはまず、自分のバストに合ったブラジャーをつけることが必要。
ショップに行った時には、店員さんにしっかりと確認してもらってから買うようにしましょう。

このページの先頭へ