ダイエット

バストの構造とは?

バストアップをするなら大胸筋を鍛えると効果的、と言われるようにバストのハリは大胸筋が重要な役割を担っています。
もちろんバストは大胸筋だけで成り立っているわけではなく、乳腺、脂肪組織、さらにクーパー靭帯と呼ばれる繊維の束で構成され、大胸筋がそれらの土台となって支えているのです。
大胸筋はバストの上の部分を覆っている筋肉で、この大胸筋が衰えてくるとバストは下垂してしまうのです。

バストの下垂の原因は大胸筋の衰えだけはなく、クーパー靭帯も関係しています。
クーパー靭帯はコラーゲン繊維の束で、バストの表面と乳腺とを結んでいるゴムのようなもの。
このクーパー靭帯が衰えると元に戻らなくなります。

バストの内部は乳腺と乳腺を保護する脂肪組織でできています。
乳腺は乳腺葉と呼ばれる組織が集まり構成され、乳腺葉は乳腺小葉が集まってできています。
割合的には脂肪が9割で乳腺が1割と言われているのですが、乳腺の発達し、数が増えていくことで脂肪も増えていくしくみになっています。

乳腺の発達がバストの大きさに関係するのは、このしくみによるものです。
乳腺の発達は女性ホルモンが影響します。
女性ホルモンの分泌がさかんに行われるほど、乳腺が発達し、脂肪がつきバストも大きくなります。

このページの先頭へ